忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
エンタメです
小林麻央さんの息子のかんげんくんが私立の小学校に入学したそうですね。

れいかちゃんと同じく市川海老蔵さんの母校のようです。

小林麻央さんが病気で亡くなってからずいぶんと年月が経過した気分ですが、それでもかんげんくんはやっと小学校に入学と言うほどなのでやはり幼い頃に母親が亡くなったんだなと実感する出来事でもありました。

小林麻央さんも闘病中は子供の運動会を観に行きたいとか、入学式の姿を見たいという願いを語っていましたが。

現在は回数や関係がやや薄れたとも言われた再婚した小林麻耶さんですが、現在も子供のイベントなどには様子を見に行き、その後はそんなに交流は持たずに帰るという接し方をされているそうです。

その分、小林麻央さんの母親である祖母が入学式で保護者として参加しているそうです。





小林麻央さんはれいかちゃんが小学校に入る前、かんげんくんが4歳になった頃に亡くなったので一緒に過ごした時間もやはり短いですが、かんげんくんやれいかちゃんたちの麻央さんへの思いは今も変わらずに思い出したりもし側にいたらとかという思いになり、涙を流すことも多々あるそうです。

子供が小さいということはそれだけ母親も年齢がそれほど大人ではなく経験や知識も少ないので、がんへの対応はやはり戸惑うものだと思います。

がんの5年生存率は9割ほどらしいですが、なかなか決断と言うのは難しい部分も多いようには思います。

すい臓がんだと5年生存率が1から2割ほどで部位によってずいぶんとは違うそうですが。

ここ最近の歌舞伎界では市川海老蔵さんの父の市川団十郎さんや坂東三津五郎さん賀亡くなるなど訃報が続きました。

かんげんくんが誕生してからは小林麻央さんが幼児教育とか乳児教育の教室へ通わせる姿が報じられていましたが、歌舞伎の教育の一部とのことでした。

市川海老蔵さんは歌舞伎のことやかんげんくんの今後のこともあり再婚してはどうかという意見は多いそうですが、今のところは結婚する意志はあまりないそうです。

週刊誌などの報道では市川海老蔵さんが小林麻耶さんを遠ざけていたとか、違う人との結婚をすすめていたとのことでしたが。

とは言っても家の中に父親しかいないというのは寂しいさもありますし、仕事などで負担がふえれば空気が重々しくなることも多いので、母親のような女性がいた方が生活はしやそうではありますが。


昔からお手伝いさんがいたり、海老蔵さんの母親や妹が出入りすることは多いそうなので暖かい雰囲気はあるのかもしれません。







PR
芸能人の病気やがんのニュースですが、舌がんの手術を受けた堀ちえみさんでしたが、その後食道がんも見つかったそうです。

実際にはステージ1ということでそれほど深刻ではなかったそうです。

食道がんは発見しづらいところらしくステージ1での発見は奇跡のようなもので、発見できたことが運がいい方らしいですね。

舌がんからの転移ではなくそれぞれ個別に発生したがんとのことでした。




堀ちえみさんは舌がんの方はステージ4で堀ちえみさん自身そんなに無理をして手術をすることもないかなと考えたり諦めた時期もあったとのことなので、転移の可能性が高いのかなと思っていましたが、実際には舌癌の手術ではすべて取り除けたそうで他への転移がないとのことでした。

ステージ4でも転移もなく体の中からがんがほぼない状態にまで回復するものなのかという印象はありましたが、食道癌の話を聞くともしかしてステージ4ほどなので体の違うところにもがんが発生しやすい状態なのかなという風には思っていたのですが、ステージ4でも転移もないなどいろいろな場合があるんですね。

堀ちえみさんは2018年夏頃から舌の異変を感じ始め、秋頃には痛みが酷くなり冬頃に舌癌であることが判明していました。

2019年2月に口腔がん舌癌であることを公表し手術を受けられていました。

ステージ4のがんと言うと小林麻央さんがいますが、小林麻央さんは最初は市川海老蔵さんが会見し、進行がんであることは明かしたもののステージなど病状は非公表でした。

しかし実際にはがんはリンパなど他のところにも転移していたそうで、3ヶ月後にブログを始めがんの状況を明かし海老蔵さんの会見から1年後に亡くなりました。

小林麻央さんはがんが分かった後も基本的な手術は受けない方法を選びぞの後病院へ訪れた時にはすでに転移したりがんが皮膚表面に表れていたり治療は難しくなっていたそうです。

ステージ4でもステージ4の初期とか、4がさらに進んだ実質ステージ5のような状態などいろいろとあるんでしょうかね。

堀ちえみさんの場合には子供が一番下の子だと高校生らしいです。

とは言っても10年前は6歳7歳なので小学生に入学したばかりの子供が10年後には母親のがんに直面するということになり、子供の成長だけではなく親の加齢などにも感じるものなんだなと改めて感じました。

堀ちえみさんは完治とか根治とか寛解とかそういうことが可能でも治療に積極的ではなかった理由はなんでしょうかね。

寛解が可能なら堀ちえみさんはすぐに手術を決断しそうな性格には感じますが、寛解できるかどうかはわからなかったのかもしれません。


あるいは歌手なので歌えない話せなくなることへの人一倍の抵抗感もあったのかもしれません。




堀ちえみは子供が7人。

堀ちえみさんは子供が7人でそのうち3人4人かが大学生だそうです。
年間100万円としても学費だけで400万円と言うことになり、それを考えると年収は1500万円から3000万円ほどなければ厳しそうにも感じます。


夫はどんな人かと言うのは一般の方ということだけであまり明かしてはいませんね。


これまでの夫は医師とか出版社の人と言う話がありましたが、今の夫はどういう職種かも明かされていません。

時々東京へ出張に行く場合もあるそうですが、ブログを見た感じではそれほど時間に追われる風でもなく堀ちえみさんの看病や支えなど時々行ってるようなのでもしかしたら経営者で経営は時々誰かに頼んでいるとか時々誰かに代わってもらえる立場なんじゃないかという気もしましたが。


堀ちえみさんはずっと京都府あたりに住んでいるそうですね。

一軒家で時々テレビでも公開していました。

たしかそんなにお金をかけたという感じではなく木目調のナチュラルな雰囲気の内装だったように思います。


堀ちえみさんはバラエティの出演やブログやコンサートなどが収入源になっていると思われます。


バラエティは1本50万円だとすると週1で1ヶ月で200万円、ブログが月に60万円、コンサートが月に5回でも100万円はいきそうです。

それらで月350万円で年間4200万円ほどの収入があるかもしれないという感じでしょうかね。

それ以上かもしれません。

手取りが約2000万円、夫がサラリーマンとして年収1000万円で手取りが600万円として、2600万円ほどの手取りがありそうです。

子供の生活費と学費が年間それぞれ200万円として社会人ではない子供が5人で1000万円となり、生活には余裕がないわけではなさそうです。


堀ちえみさんは口腔がんの治療後はコンビニで会話をした時にはいちものしゃべりではないと実感し、カラオケではずいぶんと歌えるようになったとのことなので想像よりも状態が良くなっているのかもしれません。





忍者ブログ [PR]