忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
エンタメです
小林麻央さんの息子のかんげんくんが私立の小学校に入学したそうですね。

れいかちゃんと同じく市川海老蔵さんの母校のようです。

小林麻央さんが病気で亡くなってからずいぶんと年月が経過した気分ですが、それでもかんげんくんはやっと小学校に入学と言うほどなのでやはり幼い頃に母親が亡くなったんだなと実感する出来事でもありました。

小林麻央さんも闘病中は子供の運動会を観に行きたいとか、入学式の姿を見たいという願いを語っていましたが。

現在は回数や関係がやや薄れたとも言われた再婚した小林麻耶さんですが、現在も子供のイベントなどには様子を見に行き、その後はそんなに交流は持たずに帰るという接し方をされているそうです。

その分、小林麻央さんの母親である祖母が入学式で保護者として参加しているそうです。





小林麻央さんはれいかちゃんが小学校に入る前、かんげんくんが4歳になった頃に亡くなったので一緒に過ごした時間もやはり短いですが、かんげんくんやれいかちゃんたちの麻央さんへの思いは今も変わらずに思い出したりもし側にいたらとかという思いになり、涙を流すことも多々あるそうです。

子供が小さいということはそれだけ母親も年齢がそれほど大人ではなく経験や知識も少ないので、がんへの対応はやはり戸惑うものだと思います。

がんの5年生存率は9割ほどらしいですが、なかなか決断と言うのは難しい部分も多いようには思います。

すい臓がんだと5年生存率が1から2割ほどで部位によってずいぶんとは違うそうですが。

ここ最近の歌舞伎界では市川海老蔵さんの父の市川団十郎さんや坂東三津五郎さん賀亡くなるなど訃報が続きました。

かんげんくんが誕生してからは小林麻央さんが幼児教育とか乳児教育の教室へ通わせる姿が報じられていましたが、歌舞伎の教育の一部とのことでした。

市川海老蔵さんは歌舞伎のことやかんげんくんの今後のこともあり再婚してはどうかという意見は多いそうですが、今のところは結婚する意志はあまりないそうです。

週刊誌などの報道では市川海老蔵さんが小林麻耶さんを遠ざけていたとか、違う人との結婚をすすめていたとのことでしたが。

とは言っても家の中に父親しかいないというのは寂しいさもありますし、仕事などで負担がふえれば空気が重々しくなることも多いので、母親のような女性がいた方が生活はしやそうではありますが。


昔からお手伝いさんがいたり、海老蔵さんの母親や妹が出入りすることは多いそうなので暖かい雰囲気はあるのかもしれません。







PR
≪  34  32  31  30  29  28  27  26  25  24  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
忍者ブログ [PR]